動画制作に必要なソフトウェアについて

動画制作を行うためには、動画の特殊なファイルフォーマットを読み込んで編集することができる編集用のソフトウェアが必要になります。

特にAVI形式などの特殊なファイルフォーマットであれば、Windowsに標準で搭載されているムービーメーカーでは読み込みにエラーが発生してしまうことがあるのです。動画制作において一番重要なことは、動画のエンコードです。特にエンコードを失敗してしまうと動画が非常に低画質になってしまい、動画の途中で表示される字幕などが見づらくなってしまいます。

このような問題を避けるために、動画のエンコード方式について自由な選択が可能なソフトウェアを用意しておく必要があります。動画のアスペクト比だけでなく、圧縮後のファイルサイズまで自由に指定できるものがあるので予め用意しておきましょう。自分が喋った音声をそのまま動画制作に利用したいのであればマイクが必要になりますが、そうでない場合は音声での案内をするためにも音声合成ソフトが必要になります。

フリーソフトでも字幕付きであれば問題なく音声による案内をすることができるようになりますが、字幕を設置できない場合は有料で流暢にしゃべることができる音声合成ソフトが良いでしょう。もちろん音声合成ソフトはDTM機能が搭載されているものであれば曲に合わせて歌うことができるものもあります。これらのソフトウェアを用意することによって動画制作を円滑に行うようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *