動画制作をする時には視聴者目線でチェックをすべし

動画制作をする時には視聴者目線でチェックをすべきです。

どうしても作りて目線で動画制作をしてしまう事になるのですが、これだとなかなか面白い動画になりません。この視聴者目線というのはどういうモノかというと、まず分かり易いものがベストということになります。綺麗でも分かりにくいものになるともうその時点で視聴者は離れていく事になります。綺麗がそのまま視聴数につながるというわけではないところが動画制作の奥深い所という事になるのかもしれません。

基本的に動画に求められているのは綺麗さという事よりも分かり易さ、面白さという事の方が求められているという事を意識しておく必要があります。そして、当然のことながらどのような人に見てもらうのかというターゲットも考えておく必要があります。大人と子供、男性と女性というようにターゲットが違えば当然見せ方も変わるというように理解していなければ、面白い動画を作るというような事は出来ないと考えた方がいいでしょう。

制作側の目線になると作りたいものを作ってしまうという事がありますが、それでは視聴者は良いとは思いません。最近は様々な動画が投稿されるようになっていますから、より視聴者の目線は厳しいものとなっていると考えて間違いありません。その厳ししめをくぐり抜けて良かったと感じてもらう動画を作るには、それなりの物を考えなければならないという事にもなります。そしてチェックは視聴者側の立場に立ってしなければならないという事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *