良い動画制作の進め方を勉強しよう

動画制作は、どのような形で行っても構わないものです。

しかし、本格的に動画制作を実践しようと考えている場合には、正しい方法で進めていかなくてはいけません。そもそも、動画を作る目的はそれを利用するユーザーによって大きく異なります。

特に、近年はインターネット上で自社の商品やサービスを公開するために動画制作を行う会社も増えてきています。このような場合、どのような動画が顧客に対して響くのかをきちんと考えて進めていかなくてはいけません。

そうしないと、コストが大きくなってしまって費用対効果が悪くなってしまいます。例えば、動画制作においては開始5秒の印象が大切だと判断されています。動画が始まってからキャッチャーな動画になっていると、そのままその動画を視聴し続けようと考える顧客が多いわけです。

これは、特にインターネット上の動画に多い特徴であるため注意をしなくてはいけません。例えば、映画館などで映画を見ている時に始まって5秒してからすぐに退出する人はほとんどいません。大体は、映画全体の流れを見てからその作品を評価します。

しかし、インターネット上の動画はそうではなく、開始の印象が大きなカギを握っています。商品やサービスのために動画制作をするときには、始まってからすぐに何を見せたいのかということを明確にすることが大切です。そうすることで、制作者側の意図が動画を見ている視聴者にも伝わりやすくなって最後まで見てもらえるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *