映像制作に掛かる費用

文字媒体だけの広告は見るのも面倒ですし、つまらない企業だと言われます。

また堂々と胡散臭いコピーライティングなどやっていれば、それなりの企業に見えるでしょう。もちろんネットにあまり慣れていない人もいるので、コピーライティングなどが効果的なユーザーもいます。だからこそいまだにコピーライティングのセミナーなどを開催する人がいるのです。しかし多くのネットユーザーにはそのようなつまらない文字媒体は邪魔でしかないです。そこで有効になるのが映像制作でしょう。文字では伝わらない情報が詰まっています。

人間の感受性に短時間でダイレクトに訴えかけるにはやはり映像制作でしょう。しかし、映像制作にはそれなりの費用がかかります。具体的にどのくらいかかるのかというのは、作り方や依頼する会社によってばらばらなのですが、数万円から数百万円くらいに変動するようなものです。企画からすべて依頼する場合もあれば、そこは自社で決めて、あとは撮影だけというようにもできます。

また、フルアニメーションにすれば機材やキャスティングお金が掛からない分安くなる場合が多いです。最近は世界中で日本のアニメーションは評価されており、日本でも特に若い人はアニメが好きな人が多いです。費用を抑えて実写でダサい感じの映像になるくらいなら、アニメーションにしてしまっても良いでしょう。映像のメリットは文字で伝えられないメッセージや臨場感を人間の感受性に訴えることです。なので、費用が安くても企業の良いところを棒読みするだけの広告などはいまいちです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *