現代社会における映像制作

最近は本は紙媒体でとか言う人も減りました。

電子書籍でも問題ないでしょう。また、ネットで情報を得る場合には、文章だけでなく、さまざまな映像や音楽などにも触れることになります。そうすると活字で想像することができなくなるという人がいますが、そもそも脳内に多くの情報がなければ想像することはできないです。そして、活字だけ読んでいて想像できるものも限られるでしょう。逆に本だけを読む人が映像制作によって作られたものからあますことなくそのメッセージ性をくみとったり、または自分のなかの完成を映像制作によって表現できるかといったら無理でしょう。

文字は一つの情報伝達手段に過ぎないので、その活字に執着して他の媒体に極端に弱くなるのは機会損失です。逆に文字しか見ない人の表現はおそらく言い回しなどは豊富であっても、それに酔いしれているような、アナログすぎる印象を受けるはずです。ネットを否定する人にも多いのですが、情報が多すぎてそれに対処できずに頭ごなしに否定しているだけの場合が多いです。

また映像制作は広告にも有効な手段です。画一的でなんの面白みもないコピーライティングのセミナーを開く人もいますが、グーグルにそれらを一掃してほしいと考えている人は多いでしょう。ネットに不慣れな人がターゲットなのかもしれませんが、そのようキャッチコピーの量産はある意味努力不足で単調な自己主張です。映像制作は、広告のみならず、人々を楽しませるものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *