映像制作に必要となるツール

企業向けのプロモーションビデオやテレビコマーシャル向けのビデオなど映像作品は色々な使い方が出来るようになっています。

内容によって映像に使う表現は大きく変わってきます。CGや実写を使う事で映像表現の幅が広がり、企業の販促活動の手助けとなっていきます。映像制作をする際には、映像制作に欠かせないツールを使う事になります。映像編集ソフトウェアやエフェクト生成ツールは、映像制作の肝となるソフトウェアです。また、3DCGを使いたい場合には、3Dモデリングツールを使って3Dモデルを作成していかなければいけません。

これらの作業には、プロセッサ能力やグラフィック性能が求められる事が多々ありますので、高性能なワークステーションを何台も用意しなければいけません。エフェクト生成ツールを使う利点は、爆発効果や光源処理などを専門に行なって、後から映像に合わせて編集出来る事です。映像作品に迫力のある表現を実現する為には、綺麗なエフェクトを付ける事が最も効果的です。

商品のイメージを際立たしたい場合にもエフェクトを付ける事が有効であり、多くの企業のコマーシャルやプロモーションビデオには何らかのエフェクトが活用されています。映像編集ソフトでは、それぞれのパーツを繋ぎ合わせて一つの作品にしていきます。この時にテロップを加える事もでき、商品の価格表示をしたり、効果や特徴をインパクトのある文字で表現したりといった事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *