映像制作のコツは実はシンプル

最近の映像制作はどんどんと技術が進化しているので、難しいモノになっていると考える人も大勢いますが、別に難しく考える必要は無くて、映像を制作する時の基本とはとてもシンプルなものだというように考えていいでしょう。

要は見やすいように分かりやすくするように映像を視覚化すればよいというだけの事です。どのようなものが分かりやすいのかというと、情報が極端に絞られた状態になっているのが最もわかりやすいわけです。例えば文字情報などがこの良い例です。誰も文字を見て難しいと感じる人はいないハズ。これは文字というモノが、それだけ簡単でシンプルな情報を伝えているからという事になります。

ですから、良い映像制作が出来ないというように感じる事があれば、そのようなところは思い切って文字にしてしまうというのも大いにありな方法という事になるわけです。この方法はアニメなどでも多用されまくっている感があります。アニメ自体もさまざまな映像を似顔絵の様な少ない線で表現するようにして情報量を絞っている映像制作の方法ではありますが、これに加えて文字だけで映像表示にしてしまうというのもありなのです。

例えば雨が降っているような映像をアニメにするとザーザーという擬音が入っていたり、場合によっては雨が降ってきたというようなコメントが入ってきたりもするわけで、これによって受けてには確実に雨という情報が伝わるようになっていきます。このように映像はシンプルかつわかりやすくすることを考えれば良いといえるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *